「新座市の道路整備を推進」

皆さまこんにちは。
この度の大雪で被害にあわれた皆さまに、
心からお見舞いを申し上げます。

2月で、皆さまから頂いた市民相談が4200件を超えましたが、
この大雪の中でも、新座市内の多くの道路整備のご要望を受け、
道路を管轄する朝霞県土整備事務所に、
問題点の指摘や、整備要望をしました。

今回は、新座市内の道路整備実績をお伝えします。

①野火止下交差点に右折レーンが新設されます!

旧川越街道の朝霞市から新座市に向かう車で、
野火止下交差点を先頭に、慢性的に渋滞が発生していました。
この交差点は右折レーンが無く、
右折車が渋滞の原因でした。

昨年来、朝霞県土整備事務所に再三要望し、
今年中には右折レーンが新設される予定となりました。
大きな渋滞緩和につなります!

②栗原交差点にも右折レーンが新設されます!

保谷志木線の東京方面に向かう車が、
栗原交差点で、大渋滞していました。
この交差点も、右折レーンが無いことが原因でした。

昨年来より、朝霞県土整備事務所に4回要望し、
ここにも右折レーンが新設されることになりました。
3月着工、6月完成予定です!

③英インターの歩道ガードレールが整備されます

川越街道の英インターから旧川越街道を通り抜ける車が、
猛スピードで走っていくのを見かけます。
坂を下りるとカーブになっており、
歩道の通行者が危険を感じるとのお声を頂きました。

この場所は通学路になっており、
すぐに白井市議会議員と一緒に、朝霞県土整備事務所に要望しました。

カーブの箇所はすぐに強固なガードレールに整備されましたが、
この度ガードレールが延長され、
通学路が全てガードレールで守られることになりました!

お声を頂いた皆さまのお顔を思い浮かべながら、
ひとつひとつ粘り強く、そして丁寧に行い、
カタチとなりました。

皆さまへの感謝の思いを忘れず、
もっと安全な住みよい新座へ、
これからも頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です