一般質問初日

本日は、一般質問初日でありますが、急施を要する議案が知事より提出され、委員会が開かれ、本会議が22時半頃終了致しました。 5月18日に公明党県議団として、ワクチン接種に関しての緊急要望を提出致しました。その要望が具体化されました。「集団接種会場を新たに増やすこと」との要望に対して、現在の浦和合同庁舎に加えて、3つの会場がプラスされました。 ウェスタ川越(川越市)、県民健康福祉村(越谷市)、熊谷文化創造館さくらめいと(熊谷市)の会場で集団接種が8月上旬からスタートします。最初はエッセンシャルワーカーの皆様へ優先的に接種されます。その後は柔軟に状況に応じて対応致します。 また、まん延防止等重点措置の関係及び、ご協力頂いております飲食店の方への21日以降の協力金とご協力をお願いする内容が議案として提出されました。

知事への緊急要望

昨日より埼玉県議会6月定例会が開会致しました。議案の勉強会の前に、知事へ「生理の貧困」に関する緊急要望を提出致しました。経済的な事情から生理用品を購入することが難しい「生理の貧困」がコロナ禍で顕在化しています。また、ネグレクトや生理への無理解等の理由で親から生理用品を買ってもらえない児童・生徒がいるとも指摘されています。こうした状況下、全国の自治体等で生理用品の無償提供を行う動きがひろがっており本県でも既に31の自治体が取り組みを開始しております。県立高校の女性トイレへの配備と市町村への支援を中心に要望致しました。

集団接種会場視察

本日は埼玉県の集団接種会場であります、埼玉県高齢者ワクチン接種センター(浦和合同庁舎)を視察致しました。 駅からの動線も気になっていましたので、電車で移動し、北浦和駅から徒歩で向かいました。 私の足でおよそ8分。曲がる地点にご案内の黄色のジャケットを着ている方が立って頂いており、徒歩でも迷うことはなさそうでした。また北浦和駅西口から会場までシャトルバスがピストンで運行しているため、こちらをご利用される方が多いそうです。15分間隔で運行しております。ただお昼の時間帯は間隔が違いますので、ご注意ください。(時刻を写真のせておきます) また、近くに駐車場もありますが、台数に限りがあります。 現在は1日あたり約700人の方が接種されていますが、6月10日より2割増の約840人の方が接種できるよう対応する予定です。 会場内はほとんど混雑することはなく、会場の広さもあると思いますが、かなり余裕を持ったスペースがとれています。今後課題も出てくると思いますが、1つ1つ対応し安心してワクチン接種できる環境整備に努めます。

ワクチン接種加速化要望

本日、高齢者向けワクチン接種の加速化を求める緊急要望を大野知事に提出致しました。特に、市町村負担を少しでも減らすためにも県独自の集団接種会場を新たに設置していくことが重要です。設置場所は地域的なことも考え、接種の加速化が進むよう検討すべきと思います。また、会場までの送迎バスの手配など、接種しやすい環境を整備することも要望に加えました。

Voice Action

本日は、公明党青年局の皆様と川越駅西口でVoice Actionを行いました。これは各政策についてアンケート調査を行い、全国的に公明党青年局として展開しております。調査結果をもとに今月中に国へ要望を行います。皆様から様々なご意見を頂き、ありがとうございました。

憲法記念日街頭演説

本日は憲法記念日街頭演説を10時半から志木駅南口で行いました。

その後 2ヶ所にわかれて、新座駅と栗原交差点で街頭演説。
この時期ですので、内容は埼玉県の新型コロナウイルスの対策とワクチン関係、防災の取り組みをお伝え致しました。

終了後、市民相談を頂きました。ありがとうございます。