電気設備視察

本日は、避難所となりうる体育館の空調に関係する電気設備の視察を深谷けんじ議員と視察致しました。

避難所として開設した場合、スポットクーラーを使用できるように電気設備を6校行いました。(今年度は8校)先週は、杉戸高等学校、蓮田松韻高等学校の2校を視察。本日は、川越工業高等学校、川越高等学校、坂戸高等学校、所沢商業高等学校の4校を視察致しました。

特に、スポットクーラーを体育館へ運ぶ経路の確認と室外機的な役割を機能させる場合の設置場所等の確認を行いました。設備完了した高校を全て視察致しましたが、川越高等学校は、体育館が3階のため運ぶ経路の問題。
また、出窓的なものが無く、どのように室内の空気を外に出すかを考えなくてはなりません。

川越工業高等学校も運ぶ経路が狭く、段差も多いため検討事項が多いと思います。今後の課題等も現場を見ることでわかったことが多くありました。夏にスポットクーラーのテスト(運ぶ経路も含め)を行うように要望致しました。また調査を致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です