憲法記念日街頭演説

本日は憲法記念日街頭演説を10時半から志木駅南口で行いました。

その後 2ヶ所にわかれて、新座駅と栗原交差点で街頭演説。
この時期ですので、内容は埼玉県の新型コロナウイルスの対策とワクチン関係、防災の取り組みをお伝え致しました。

終了後、市民相談を頂きました。ありがとうございます。

電気設備視察

本日は、避難所となりうる体育館の空調に関係する電気設備の視察を深谷けんじ議員と視察致しました。

避難所として開設した場合、スポットクーラーを使用できるように電気設備を6校行いました。(今年度は8校)先週は、杉戸高等学校、蓮田松韻高等学校の2校を視察。本日は、川越工業高等学校、川越高等学校、坂戸高等学校、所沢商業高等学校の4校を視察致しました。

特に、スポットクーラーを体育館へ運ぶ経路の確認と室外機的な役割を機能させる場合の設置場所等の確認を行いました。設備完了した高校を全て視察致しましたが、川越高等学校は、体育館が3階のため運ぶ経路の問題。
また、出窓的なものが無く、どのように室内の空気を外に出すかを考えなくてはなりません。

川越工業高等学校も運ぶ経路が狭く、段差も多いため検討事項が多いと思います。今後の課題等も現場を見ることでわかったことが多くありました。夏にスポットクーラーのテスト(運ぶ経路も含め)を行うように要望致しました。また調査を致します。

臨時議会提出議案

≪明日臨時議会が開催≫本日、議会運営委員会が開催され、明日の臨時議会に出される議案が提出されました。

さいたま市、川口市に加え13市町がまん延防止等重点区域に指定されました。

○追加区域川越市、所沢市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町

○要請期間令和3年4月28日~5月11日まで(14日間)○営業時間午前5時~午後8時まで(酒類は終日提供自粛となります。)期間中、営業時間の短縮及び酒類の提供自粛にご協力頂いた飲食店の事業者の方の協力金に関しては売上高によって、かわります。
また、今回は巡回でのチェックにより、ステッカーの配付がされ、協力金に関してはステッカーが必要です。

①誰が調査に来るのか?
→県もしくは市の職員です。

②認証までの流れは?
→自店でのチェック→TELかWEBによる日時の予約申請→職員による巡回→問題がなければその場でステッカーを渡し認証されます。

☆予約については、ホームページ上でシステムがアップされております。

③巡回で見るチェックポイントは?
→ホームページ上にある重点項目を確認してください。埼玉県ホームページ→真ん中にある注目情報の2番目「特措法要請に基づく営業時間短縮に対する協力金について」→青字の「埼玉県感染防止対策協力金(第1期から第9期)の概要について)」→4月20日彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)認証ホームページを公開しました→そこに制度の概要からひと通りの情報がアップされています。

大和田坂之下橋 開通式

本日、13時半から大和田・坂之下橋の開通式が開催され出席致しました。場所は大和田のベイシアさん目の前のガソリンスタンド横の道路から橋を渡ることができます。国道254号の交通状況や、新座市の場所によっては所沢インター方面にも早く行くことができます。新座市と所沢市の架け橋になることはもちろん、物流にも大きく寄与すると思います。既に開通しておりますので、お出かけの際は、お気をつけてご利用ください。

「自宅療養の医療体制整備」の要望

公明党埼玉県議団として、大野知事に「自宅療養の医療体制整備」を求める要望を行いました。12月1日に351人だった本県の自宅療養者の数は3670人(1月25日現在)と大幅に増加しています。各地で自宅療養の方が容体急変する事例があることから、入院病床、宿泊療養施設のさらなる確保を進めるとともに、自宅療養者に対する健康観察を充実させ容体急変に素早く対応できる医療体制の整備について要望致しました。

「埼玉県感染防止対策協力金」の補正予算

昨日埼玉県議会臨時議会が開かれ、「埼玉県感染防止対策協力金」の補正予算が全会一致で可決致しました。国の緊急事態宣言を受け埼玉県全域で飲食店時間短縮の要請を行います。期間は1月12日~2月7日まで27日間です。支給金額は1日6万円。(27×6=162万円)となります。支給方法、申請方法に関してはわかり次第発信致します。

90奥田 耕平、寺園 篤史、他88人コメント11件シェア5件いいね!コメントするシェア