埼玉県議会6月定例会開会

本日、埼玉県議会6月定例会が開会しました。国の第二次補正予算をうけて本県もコロナウイルス感染症対策として様々な議案が提出される予定です。
三密を防ぐため、本会議は議員の1/3が交代で別室にてテレビ中継での参加となっております。頑張って参ります。

尚、先日、障がいをお持ちの方がコロナウイルス感染症の陽性となった場合の受入れ体制を整備して頂きたいと要望を頂き、県に対して要望書を提出していました。新聞でも報道されましたが、総合リハビリテーションセンターで取組んでいく方向で進んでいます。ご要望頂いた方も喜んでいました。受入れ人数などの課題もまだまだありますが、1つひとつ進めて参ります。

備蓄物資等の視察

本日は、公明党県議団で新型コロナウイルスに対応する避難所のあり方を出水期に備え調査すべく、まずは備蓄物質等を視察しました。

川島町の埼玉県防災航空センターに伺った後、すぐ近くにあります中央防災基地で備蓄物質の視察を行いました。
埼玉県には5つの防災基地がありますが、その中には私の地元新座市にもあります。
災害はいつ発生するかわかりません。様々な視点で対応できるようしていかなくてはなりません。

いまちょうど 次の視察先のさいたまスーパーアリーナに到着しました。ここにも物質が備えられております。行ってきます。